[PR]

 2011年末に誕生した北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)政権。数多くの高官を粛清し、2度の核実験を行った。強硬路線の裏で、最高指導者は自らの力量に強い不安を感じているとみられる。生き残りを図るため、核・ミサイルの開発に突き進んでいる。

 「米国と追従勢力は心理戦放送を再開するとして、戦争の瀬戸際へと導いている」。北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞(電子版)によると、金己男(キムギナム)党書記が8日、平壌での核実験を祝う集会で演説した。

 金正恩氏の誕生日の8日、韓国軍は軍事宣伝放送を再開。指導者として「能力不足」などと痛烈な言葉を浴びせ、幹部の粛清で100人超が処刑されたと主張した。北朝鮮軍に武力挑発の兆候はみられないが、党幹部が放送再開を非難する姿勢を明確に示した。

 32、33、34歳との説がある正恩氏について韓国政府は、行き詰まった内政や外交への焦り、年齢や経験不足による党幹部たちへの劣等感などから、強いストレスを抱えていると分析する。体重は11年末の権力継承時、約80キロだったとみられるが、ストレスによる過食から130キロ以上になったとみている。

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は統一政策を強く打ち出しており、韓国政府は、正恩氏が米韓の軍事力を強く意識しているとみる。韓国の専門家の一人は「南に吸収統一されるのではないかという危機感を抱いている」と語る。北朝鮮関係筋は正恩氏らの軍事戦略について「だからこそ、核とミサイルは手放せないと信じ切っている」と語る。6日の核実験も、こうした危機意識と5月の党大会を前に求心力を高める政治的な思惑から出たものとされる。

 北朝鮮の内情を知る専門家らによると、ストレスを抱えた正恩氏の振る舞いは内部を混乱させている。

 「気分次第で怒る」「即興で指…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら