[PR]

 東北の子どもたちに神戸の復興を体感させたいと、神戸市の美容師が宮城県の小学生を招く活動を続けている。これまで、延べ約140人。今年は初めて、1月17日に招く。きっかけは、支援に訪れた東北の被災地で子どもたちと交わした約束だった。

 神戸市内で4店の美容室を経営する西山博資(ひろし)さん(51)は、東日本大震災発生翌日の2011年3月12日、ワンボックス車に食料や燃料、発電機などを詰め込んで東北に向かった。福島や宮城と神戸を何度も往復。物資を配ったり散髪ボランティアをしたりした。

 島の理容室が被災したと聞き、宮城県の松島湾にある浦戸諸島(塩釜市)に渡った時のことだ。島を回って散髪を呼びかけると、子どもたちが率先して湯を沸かし、祖父母に順番を譲った。「その時、小学生の男の子から聞かれたんです。『これから僕たち、どうなるのかな』って」

 震災から1カ月。島にはまだ津波で壊れたままの家が点在し、がれきを焼く煙が立ちこめていた。とっさに言った。「地震から復興した神戸を見たら、この東北の未来も見えるよ。おじちゃんが必ず連れて行く」

 21年前の1月17日。神戸市…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら