[PR]

 えびす神社の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)で10日朝、参拝一番乗りを競う「福男選び」があった。十日えびすにあわせた恒例の神事で、2009年、10年と並び過去最高の約6千人が参加した。

 午前6時の開門と同時に約230メートルの参道を駆け抜け、真っ先に本殿に到着した「一番福」は、同県明石市に住む神戸大付属中等教育学校4年生(高校1年)の水田道成さん(16)。400メートル走が専門の陸上部員で、スタート位置を決めるくじ引きでは43番目ながら、前の走者たちをすり抜けて先頭に出た。「まさか自分がここに立つとは思っていなかったので幸せ。家族や陸上部の仲間、顧問の先生ら、お世話になった人に福を分けてあげたい」

 「二番福」は愛知県岡崎市の会社員、丹羽孝之さん(28)、「三番福」は西宮市の会社員、松下彰太さん(25)だった。