天皇、皇后両陛下は10日、東京・両国国技館で、大相撲初場所の初日を観戦した。結びの一番までの約1時間、身を乗り出してじっと見つめ、取組のたび大きな拍手を送った。

 日本相撲協会の八角理事長によると、天皇陛下は北の湖前理事長の急逝について「大変でしたね」といたわった。皇后さまはテーピングをした力士たちを見て、「けがをされている方がいるんですか」と心配そうな様子だったという。