[PR]

 米太平洋軍は10日、北朝鮮が4度目の核実験を実施したことを受け、核兵器も搭載できる戦略爆撃機B52を韓国に派遣し、低空飛行させた。北朝鮮の挑発行動に対して米韓が結束して強く対応することを示す狙いがある。北朝鮮が強く反発する可能性もある。

 米太平洋軍によると、B52はグアムの空軍基地を離陸し、韓国軍のF15戦闘機、米軍のF16戦闘機とともにソウル近郊・平沢(ピョンテク)にある在韓米軍の烏山(オサン)空軍基地付近を低空飛行した。B52はその後、グアムに帰還した。

 ハリス米太平洋軍司令官は声明で、B52の飛行について「同盟国である韓国と日本を守る米国の意志が鉄壁であることを示した」と強調した。北朝鮮の核実験は明らかに国際的な責任に背いた行為だとし、米軍が同盟国などと協力して地域の平和と安定を守る行動を続けることを明らかにした。

 2013年の米韓合同軍事演習…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも