[PR]

 東日本大震災で被災した宮城県南三陸町で10日、成人式があった。津波で生徒1人と教諭1人が命を落とした町立戸倉中で当時3年生だった三浦一博さん(20)は、地元に残る数少ない一人。「生まれ育った町の復興に携わっていきたい」。203人の新成人を代表して誓いの言葉を述べた。

 戸倉中の同級生30人のうち、町で暮らすのは三浦さんともう1人だけ。この日、避難先などから集まった同級生を前に、「笑顔で成人式を迎えることができるのは友人、仲間たちのおかげです」と述べた。

 震災は卒業式の前日だった。教室で卒業アルバムにメッセージを書き合っていたところを揺れが襲い、約30分後に津波が来た。校庭にいた三浦さんは一時、波にのまれ、野球部の後輩と学年主任の先生が亡くなった。自宅も流された。

 避難所では幼いころから一緒だ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら