[PR]

 八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)によると、5日に相模湾で捕獲し9日まで展示していた希少な深海ザメの「ミツクリザメ」が、10日夜に死んだ。同時に捕獲した「ラブカ」は9日朝に死んでいた。

 両種ともに生態が未解明で飼育は難しく、同時に生きた姿を見られるのは極めて珍しかったという。今後、研究機関と連携して生態の解明に努めるという。