経営再建中のシャープは、主力取引銀行に1500億円規模の追加金融支援を求める方針を固めた。不振を招いた液晶事業は社外に切り離し、本体に残る白物家電事業は東芝との統合も検討する。政府系ファンドの産業革新機構の主導で再建を進めるねらいで、機構から2千億円規模の出資を仰ぐ案が出ている。

 シャープは、主力行のみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などに計約7千億円の借入金がある。このうち1500億円を、返済の必要がない株式に振り替えるように両行との間で協議している。両行は昨年6月にも同様な方法で、計2千億円を株式に振り替えた。経営再建のため、追加の支援が必要だと判断した。

 金融支援を受けつつ、液晶事業は社外に切り離して新会社をつくる方針。新会社と、革新機構が出資する液晶大手ジャパンディスプレイとを統合する方向だ。

 さらに、機構はシャープと東芝…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも