[PR]

 サッカー男子のリオデジャネイロ五輪出場を目指し12日から23歳以下(U23)アジア選手権を戦うU23日本代表に、シェフの西芳照さん(53)が同行している。ドーハで決勝まで19日間にわたって集中開催される大会を乗り切るため、食でチームを支える。

 大会中の食事はホテルの会場でビュッフェ方式が基本。同宿の他チームと一緒になることもある。しかし今回は、日本のためだけに西さんの料理が並ぶ。

 西さんがチームに合流した8日の夕食には親子丼が出た。翌日の朝食からは、みそ汁が用意された。10日の昼食はそば。アジアの遠征試合では食事に苦労するというDF岩波(神戸)は「本当にありがたい」と話していた。