[PR]

 NHKは11日、塚本堅一アナウンサー(37)が危険ドラッグを所持していたとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に医薬品医療機器法違反の疑いで10日に逮捕された、と発表した。

 麻薬取締部によると、塚本容疑者は容疑を認めているという。逮捕容疑は、10日、自宅で危険ドラッグを所持していたというもの。同部は自分で使用する目的だったとみている。

 NHKの説明では、塚本容疑者は2003年入局。京都放送局などを経て、15年2月から東京のアナウンス室所属。「ニュース シブ5時」でリポーターを務めていた。NHKは「職員が逮捕されたことは遺憾であり、視聴者の皆様や関係者に深くおわびいたします。事実関係を調べたうえで厳正に対処します」とコメントを出した。