英国人歌手デビッド・ボウイさん(69)が10日、死去した。

 音楽評論家・萩原健太さんの話 高校生のときに初来日公演があった。グラムロックのヒーローということで、繊細で華奢(きゃしゃ)というイメージだったが、実際に見たボウイはタフで筋骨隆々としていた。最近のボックスセット発売を機に、改めて初期の楽曲から聴き直し、それが彼の音楽そのものだと思い直していたところだった。

 時代と共にどんどん変わっていくというのが、ボウイの一般的なイメージ。ただ、表層は変わっても、中には変わらない強さを持っている。どんな時代のどんなサウンドも、すべてがボウイ。それが彼のすごさ。どういう風に自分を見せるか、セルフプロデュース能力は一番だった。

 ボウイの作品には、時代の空気の切り方や広い意味での人生に対する意味など、必ず何かに対するヒントが含まれている。遺作になってしまった新作の「ブラックスター」も、死生観を含め、きっと新たな発見があると思う。

     ◇

 《ミュージシャン・布袋寅泰さんの談話》 デビッド・ボウイがいなければ今の僕はない。音楽だけではなく、ファッション、文学、フィロソフィー、映像などアートのすべてを彼から学んだ。彼から教わった「変化と挑戦の美学」の精神を引き継ぎたい。彼の旅立ちを受け入れるのは辛(つら)く悲しいけれど、彼の音楽は永遠に生き続ける。愛と感謝で宙(そら)に見送りたい。ステージで共演させていただいた思い出は一生の思い出です。ありがとう、僕のロックスター。ありがとう、僕のスターマン★。

     ◇

 ボウイさんに影響を受けたミュージシャンの布袋寅泰さんはツイッターで、ボウイさんと共演した際の写真を紹介し、「マイ・ヒーロー。マイ・アイドル。R.I.P.(『安らかに眠って下さい』の意)」とコメントした。

     ◇

 デビッド・ボウイさんと親交の深かった写真家の鋤田(すきた)正義さんは「(デビッド・ボウイが亡くなったことは)先ほど知りました。大変ショックです。まだとても信じられません。心に大きな穴がポッカリあいたような気分です。どう受け止めていいか、まだ自分の中で整理がつきません」と、事務所を通じてコメントした。

 鋤田さんは2012年に40年間撮り続けてきたデビッド・ボウイの写真をまとめた写真集「BOWIE×SUKITA Speed of Life 生命の速度」も出している。

     ◇

 歌手の矢野顕子さんはツイッターで「ボウイさんへ。かっこいいってこういうこと、の永久欠番ですね。私が個人的に触れ合ったことは数回しかありませんが、一番心に残っているのは、幼かった娘をとても可愛がってくれ、六本木の街を肩車して歩くご機嫌な姿です。その娘にも娘が。Time flies &u never catch it」と書き込んだ。

     ◇

 米歌手のマドンナさんは、「打ちのめされている。この偉大なアーティストは私の人生を変えた」とツイートし、ボウイさんの死を悼んだ。

     ◇

 米ロック歌手のイギー・ポップさんは、「デビッドとの友情は私の人生でかけがえのないものだった。彼ほど素晴らしい人に出会ったことはない。最高だった」と公式ツイッターで追悼した。

     ◇

 ロックバンド「サンボマスター」のボーカル・ギターの山口隆さんは、ツイッターに「ずっとさ、新しいこと模索してくれたんだよな、オレたちロック好き音楽好きのためにさ。たんまいな。大学生の頃デビッドボウイの新作がめちゃめちゃ新しくダンサブルで、家にあるボウイのジャケットは最強にドギツくセクシーだった。ご冥福をお祈りいたします。夢をありがとう。ほんっとにありがとう」と投稿した。

     ◇

 モデルの栗原類さんは「突然過ぎる、69歳なんてまだ若すぎる。しかもなって間も無くなんて神様はひどすぎる。でも例(たと)え貴方(あなた)はこの地球からいなくなってもこの世界には存在し続けます。これからも貴方の音楽を聴き続けます。僕は貴方と出会えて本当に良かった、貴方は永遠の伝説です。RIP David Bowie」とツイートした。

     ◇

 元ビートルズのポール・マッカートニーさん(73)は11日、自身のウェブサイトに1985年にボウイさんと2人で写した笑顔の写真を掲載し、「デビッドは偉大なスターだったし、共に過ごした瞬間は私の宝物だ」と同世代のアーティストの死を悼んだ。

     ◇

 英ロックバンドのローリング・ストーンズは「ショックを受け、深く悲しんでいる。彼は素晴らしく思いやりがあるだけでなく、並はずれたアーティストであり本物だった」と公式サイトに追悼文を掲載した。

     ◇

 ボウイさんの1970年代のワールドツアーなどの衣装を担当したファッションデザイナー山本寛斎さんの話 優しい方、そして繊細な方でした。服のデザインでああして欲しい、こうして欲しいなどと言われたことはない。表現を音楽とファッションの二つで行った初めての人。また、それは、男女の性差の枠を超えた表現でした。命はなくなっても、その美学や人生をかけて発表したものは、日本で開催予定のデビッド・ボウイの展覧会で日本の若者にも伝わると思います。