[PR]

 中国、インドだけではない。中東イランも深刻な大気汚染に苦しむ。汚染の主な原因は車の排ガスだ。排ガスを減らすため、政府は交通規制を強化。それをかいくぐろうと、ドライバーたちがあの手この手の回避策を繰り広げている。

 富士山のような円錐(えんすい)形をしたイラン最高峰のダマバンド山。東京ならスカイツリーにあたる首都テヘランのミラッド・タワー。いずれも茶色い大気に覆われ、テヘランの街中からは輪郭すら見えない。

 イラン政府は微小粒子状物質(PM2・5)などの正確な数値を明らかにしていない。だが2013年には、PM2・5の値が世界保健機関(WHO)の基準を超えた日が298日あったとされる。

 保健省は13年、大気汚染をはじめとする公害が原因の死者が年間約8万人に上り、死因の21%を占めていると発表した。

 テヘラン市当局は、「汚染の原因は7割超が車の排ガスだ」としている。北側に4千~5千メートル級のエルブルズ山脈がそびえ、空気の逃げ場に乏しい。大気汚染はかねて問題だったが、この数年でさらに悪化した。核開発に対する制裁の強化で経済が停滞。粗悪なガソリンが出回り、排ガスを減らす性能に乏しい車両の置き換えが進まない。

 テヘラン市当局は先月から、大気汚染が深刻化しているとして、高齢者や子どもに外出を控えるように呼びかけている。小学校や幼稚園の登校禁止も計6日に上り、採石場やセメント工場は操業を中止。サッカーのプロリーグの試合もとりやめになった。

 だが副大統領を兼ねるエブテカール環境庁長官は先月26日、「大気汚染は非常事態レベルにはない」と発言。反発した国会議員107人が「政府は対策不足だ。汚染から国民を救え」とする書簡をロハニ大統領に提出した。