[PR]

(11日、FIFAバロンドール)

 女子の世界最優秀選手部門で、自身初めて最終候補3人に残った宮間は、全体の9・88%の得票で3位だった。

 表彰式では、宮間はメッシとネイマールにはさまれて壇上に立つ場面も。「ここに立つのに慣れていない。こんな素晴らしい方々と一緒で、サッカーを続けてきて良かった」と少し緊張気味に話した。ただ、最優秀選手に選ばれた米国代表FWロイドが女子W杯決勝日本戦で3得点を奪ったシーンが何度も映像で流れた。「ロイド選手の素晴らしいプレーですが、自分たちにとっては悔しい場面」と昨年を振り返った。

 2月末にリオデジャネイロ五輪アジア最終予選が始まる。「取っていないのは、五輪の金。チームで一枚岩になっていきたい」

こんなニュースも