10日に放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」初回の平均視聴率は、関東地区で19・9%、名古屋地区で19・7%、関西地区で20・1%、北部九州地区で15・9%だった。ビデオリサーチが12日、発表した。「真田丸」は戦国武将・真田信繁(幸村)の生涯を描く。

 昨年の「花燃ゆ」初回平均視聴率は関東地区で16・7%、名古屋地区で18・1%、関西地区で16・9%、北部九州地区で16・2%だった。