[PR]

 26日からフィリピンを訪れる天皇、皇后両陛下。太平洋戦争中、日米の激戦地として犠牲になった人たちを慰霊する旅ともなる。今回の訪問をどうみるか、フィリピンとゆかりのある秋元才加さんに聞いた。

 女優の秋元才加(さやか)さん(27)は、フィリピンで生まれ、まもなく日本に移住した。父が日本人で、母がフィリピン人。小学校の頃は「ハーフ」「フィリピン」とはやし立てられ、思い悩んだこともあった、と明かす。

 「AKB48に入った当初も、ハーフであることを公表していなかった」と話す。だが、芸能界で活動するなかで、「自分の大切なアイデンティティー」と前向きに受け止めるようになったという。

 一昨年からは、フィリピン観光親善大使を務める。偏見からいじめを受けた過去を乗り越えた経験から、「両国の懸け橋」になろうと活動を続けてきた。

 2015年はフィリピン観光年として、両国で交流行事が開かれた。フィリピンのイメージが好転しつつあると感じる。そして、天皇、皇后両陛下がフィリピンに足を運ぶ。

 秋元さんは「過去にはつらい戦争の経験がありましたが、フィリピンの人たちは前向き。若い世代を中心に、二つの国がさらに結びつきを強める弾みになって欲しい」と話している。(聞き手・島康彦