[PR]

 厚生年金に入る資格があるのに国民年金に入っている人が約200万人いると試算された推計で、20~30代が6割を占めることがわかった。年代別の最多は20代の71万人(約35%)。民主党の長妻昭衆院議員の質問主意書に対し、政府が12日に閣議決定した答弁書で推計を明らかにした。

 答弁書によると、30代が52万人、40代が44万人、50代が35万人と推計しており、若い年代ほど対象者が多い傾向にある。20代でも前半(20~24歳)が39万人で、後半(25~29歳)の32万人より多かった。

 厚生労働省は昨年12月、国民年金に入る約6万2千人を対象にした実態調査の結果を公表。勤務形態などから、約200万人に国民年金より年金額が多い厚生年金への加入資格があると初めて推計した。厚生年金への加入を違法に届け出ない「加入逃れ」をする会社に勤務する人たちが多いとみられている。

 民主党は今後、衆院予算委員会でこの問題への対応を政府に求める構えだ。(久永隆一)