[PR]

 12日午前0時40分ごろ、東京都豊島区長崎1丁目の首都高速中央環状線外回り西池袋出口付近で、トラック4台と乗用車2台が絡む玉突き事故があった。警視庁によると、渋滞の車列に突っ込んだトラックの男性と、トラックに追突された乗用車の男性の2人が死亡し、ほかの車両の3人が打撲などのけがをした。

 警視庁高速隊などによると、工事でできた渋滞の最後尾の乗用車にトラックが追突。弾みで前のトラックなどに次々と追突した。現場は山手トンネル内で、首都高速道路中央環状線の外回りは大橋ジャンクション―高松入り口で約8時間、通行止めになった。