[PR]

 12日午前5時55分ごろ、大阪市北区中之島3丁目の阪神高速池田線で、逆走した乗用車が、対向してきた大阪府河内長野市の男性(51)運転の乗用車に衝突。男性が軽傷を負った。府警によると、逆走した車はパトカーの追跡を受けて高速に入り、事故後に男2人が車を置いて徒歩で逃げたという。府警が道路交通法違反(ひき逃げ)容疑などで行方を追っている。

 高速道路交通警察隊によると、同日午前5時ごろ、豊中市内の駐車場で「車にいたずらしようとしている不審な車がある」と通報があった。約50分後、巡回中のパトカーが大阪市淀川区の国道176号で似た車を発見し、追跡を開始。車は約3キロにわたって逃げ、阪神高速に出入橋出口から侵入した。パトカーは出口で追跡をやめたが、車が約540メートル逆走して事故を起こしたという。