[PR]

 ネイチャードキュメンタリー映画「シーズンズ 2万年の地球旅行」が、都内をはじめ全国で公開されている。氷河期の終わりから2万年という時間軸で「動物史」を描いた作品だ。公開を前に来日したジャック・クルーゾ監督(62)が都内で取材に応じ、「今こそ自然との共生を考えなくてはいけない時代。子供たちに見てほしい」と作品への思いと撮影秘話を語った。

 オオカミの疾走や馬の闘い、虫をいやがる巨大なバイソン、スピード感や激しさ、穏やかさを動物の目線の高さで繊細にみつめている。空や海の生き物のドキュメンタリー「WATARIDORI」や「オーシャンズ」を手がけたクルーゾとジャック・ペランのコンビが監督し、約400人のスタッフがユーラシア大陸各地で撮影した。

 零下40度のノルウェーでは約2週間、撮影班は白い服で身を隠し、野生のジャコウウシを待った。森では音の静かなバギーで木々を縫って走る馬やイノシシに並走。オオカミやオオヤマネコは生まれてすぐに人やカメラに慣れさせることで、自然な姿を間近でとらえることができた。

 監督やスタッフはスタジオジブリ作品の大ファン。「もののけ姫」の神秘的な森は「シーズンズ」の森のシーンに影響し、編集中にはスタジオで「風の谷のナウシカ」の音楽をかけていたという。

 人間による開発も描かれる後半…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら