[PR]

 5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に向け、各国首脳の訪日窓口とされる中部空港(常滑市)などがある愛知県は、歓迎式典やPRの関連費用として、7500万円規模を来年度予算案に計上することがわかった。12日午前、県議会の主要会派に伝えた。

 関係筋によると、空港での歓迎式典や海外メディア向けPR、主要7カ国以外のサミット出席国への歓迎式典などを念頭に置く。警備関連費は別に計上する。

 各国参加者らは、中部空港や名古屋駅(名古屋市)を経由して、サミット主会場の賢島(かしこじま)(三重県志摩市)に入るとみられている。(寺本大蔵)

こんなニュースも