[PR]

 12日午前8時すぎ、東京都足立区のJR常磐線の綾瀬駅近くで、緊急停車した各駅停車の電車から男性会社員が線路に降りて歩き、別の線路を走る快速電車も運転を見合わせるトラブルがあった。

 JR東日本や警視庁綾瀬署によると、12日午前8時17分ごろ、綾瀬駅のホームから人が転落し、綾瀬駅の300メートル手前で上り普通電車(10両)が緊急停車した。安全確認中、電車にいた40代の男性会社員が窓を開けて線路に降り、綾瀬駅まで歩き出した。綾瀬駅員に保護された男性は、警視庁の調べに「会社で大事な会議があり、遅れられなかった」と話したという。

 このトラブルで、常磐線と、直通運転をしている東京メトロ千代田線は、一部区間で最大約1時間運転を見合わせた。