[PR]

 大阪市鶴見区の植物園「咲くやこの花館」がツイッター(@sakuyastaff)で紹介する植物が「面白い」と話題だ。脳みそのようなサボテン、ウサギの群れのような食虫植物など、植物に詳しくない人でも楽しめるような情報発信を心がける。1千人ほどだったフォロワーは、こうした投稿を始めてから3倍近くに増え、遠方から見に来る人も出てきた。

 「草原で戯れるウサギたち…ではなく、湿原に生きる食虫植物!“ウトリクラリア・サンダーソニー”です♪別名はウサギゴケ」

 2014年12月。同館のツイッターに、マクロレンズで接写した植物の写真がアップされた。約3ミリの小さな花で、花びらはウサギの顔のようだ。館内案内を担当する宮本千遥(ちはる)さん(24)が投稿した。

 すぐに「ちっちゃいウサギ!可愛い」「素敵(すてき)な花ですね!」などとコメントされ、11年に同館がツイッターを始めて初の100件を超えるリツイート(転載)があった。「何かに例えると反応がすごくいいことがわかった」と宮本さん。他のスタッフらと相談し、植物を食べ物や動物、人の顔などに例えて紹介し始めた。今はスタッフ5、6人がほぼ毎日、約2600種類ある同館の植物から「イチオシ」をツイートする。

 15年4月には脳みそのように見えるサボテンを紹介。「『金てまり』という名のサボテンです。これは…まるで……。思わず足をとめずにはいられない、凄(すご)い迫力!」。すぐに「Oh no!(脳(笑)」「めっちゃ、うねうねしてる」など驚嘆の声があがった。

 広報の鈴木綾さん(27)は「他の職員ですら気づかない植物の魅力をツイッターが教えてくれる」。昨年12月にはリツイートが一番多かった投稿を鈴木さんがランキング形式でまとめ、同館のブログで紹介した。

 宮本さんは「もっと植物の魅力を伝えたい」。今後は展示会などで並ぶ植物も積極的に投稿する予定。問い合わせは同館(06・6912・0055)。(大蔦幸)