[PR]

 J1に昇格した福岡が12日、福岡市内で2016年シーズンの新体制を発表した。5季ぶりにJ1で戦う今季は、現時点で14年W杯韓国代表のGK李範永や、大分から移籍のMF為田大貴ら8選手が加入することが決まっているが、昨季、J1昇格に貢献したMF酒井宣福やGK中村航輔らがチームを離れた。

 会見した井原監督は「J1とJ2ではレベルの差があるが、十分に戦える戦力だと思う。我々の目標はJ1残留ではない。昨年以上に厳しさをもって戦っていきたい」と抱負を語った。

 また、会見の冒頭では川森社長が「子供たちに夢と感動を!」というスローガンを示した。同社長は「目標に向かってひたむきに、一生懸命に、最後までやり抜く姿勢がJ1で結果を残し、夢を抱いていただけると思う」と話した。

こんなニュースも