携帯各社が、若者に照準を定めてスマートフォン料金の割引策を競っている。KDDI(au)とソフトバンクは12日、25歳以下が対象の新サービスをそれぞれ発表した。ともに動画やゲームアプリなどのデータ通信がたくさんできるようにする内容だ。思惑どおり、若者は「ヘビーユーザー」に育つのか――。

 「いまの学生さんはお金よりも、データ(容量)がほしい」。この日の発表会で、auの田中孝司社長は独自のアンケート結果を示して訴えた。14日から、データ通信量の上限が「月5ギガバイト」以上のコースを契約すれば、26歳になるまで毎月5ギガ分を無料で上乗せする。料金も当初1年は月1千円割り引くという。

 ソフトバンクも15日から、25歳以下で「5ギガ」以上のコースを契約してから3年間は、毎月6ギガ分を上乗せする。午前中にいったん上乗せは3ギガ分と発表したが、auの発表直後にネット上で「ソフトバンクピンチ」「auが瞬殺」などと騒がれたこともあり、夜になって修正した。データ通信をあまりしない利用者は、2年間は料金を月1620円引くプランも選べる。

 auは、例えば通話定額プランで上限10ギガなら通常月1万1千円かかるが、25歳以下なら5ギガコースの月8千円で10ギガ分利用でき、1年目はさらに1千円割り引く。ソフトバンクは3年間、月8千円で11ギガ使える。

 NTTドコモは1年半前から、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら