[PR]

 前橋市の住宅跡地から会社社長の小沢道明さん(当時62)が遺体で見つかった事件で、小沢さん殺害後に金融機関の貸金庫から現金約1億7千万円をだまし取ったとして、警視庁は13日、無職山口安夫(65)と自営業坂巻勝美(53)の両容疑者=ともに強盗殺人罪などで起訴=を詐欺容疑で再逮捕し、発表した。2人とも容疑を認めているという。

 2人は、小沢さんを2013年12月に殺害して金品を奪ったなどの罪で起訴されている。

 捜査1課によると、2人は14年9月と11月、秋田市内の銀行と信用金庫に、小沢さんの会社2社の取締役が小沢さんから知人の男(72)に代わったとうその届けをして、これらの会社が契約していた貸金庫6個から計約1億7千万円をだまし取った疑いがある。山口容疑者が約8500万円、坂巻容疑者が約1億1千万円、知人の男が約500万円を受け取り、高級外車の購入や海外旅行などに使ったという。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら