[PR]

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は13日の記者会見で、慰安婦問題に関する日韓合意について「(元慰安婦らの意見を)忠実に反映した結果だ」と述べた。韓国内では反発が強いものの、引き続き、合意の実現に向けて、元慰安婦らの理解を求めていく考えを強調した。

 日韓合意をめぐっては、韓国では元慰安婦の意見が反映されていないといった指摘が出ていた。朴大統領は昨年だけでも外交省が15回にわたって、元慰安婦や関連団体の関係者に会い、要望を聞いたと説明。共通していたのは①日本軍が関与したことを確実に明らかにすること、②日本政府が公式謝罪すること、③日本政府の資金で被害を補償する――の3点だったとし、日韓合意では反映されていると理解を求めた。

 慰安婦問題は過去の政権でも解決できなかった難しい問題だったとも指摘。「(合意の)無効化を主張して、政治的な攻撃の口実にしているのは、本当に残念だ」とも語った。

 ソウルの日本大使館前に支援団…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも