ホンダは、スーパーカーの次期「NSX」の受注を北米で2月25日から始める。価格は15万6千~20万5700ドル(約1830万~2410万円)で、主力車「フィット」が14台買える。米国で生産し、近く日本にも投入する。

 新NSXはハイブリッド車。3・5リットルのターボエンジンに三つの電気モーターを組み合わせ、力強く加速する。それぞれのモーターが左右の車輪に伝える力に差をつけ、カーブを高速で滑らかに走れる。

 初代NSXは1990年に約800万円で売り出されると、バブル景気もあって売れ、ホンダを代表するスポーツカーになった。2005年に生産を終え、新型が途絶えていた。