[PR]

 杭工事のデータ偽装問題で国土交通省は13日、横浜市の傾いたマンションの杭工事に関わった3社に建設業法違反で営業停止や業務改善命令の行政処分を出した。ほかに偽装があった8社にも再発防止を勧告した。横浜市のマンションでは今月にもボーリング調査が始まるが、住民は建て替えや売却への判断を悩んでいる。

 処分内容は、1次下請けの日立ハイテクノロジーズと2次下請けの旭化成建材は、ともに営業停止15日と業務改善命令。元請けの三井住友建設が業務改善命令と指名停止1カ月とした。

 日立ハイテク社は横浜市のマンションの杭工事を丸投げし、旭化成建材は受注。2500万円以上の工事の請負業者には主任技術者の専任が義務づけられているが、両社はともに他の現場と兼任させた。三井住友建設は二つの違反を知りつつ黙認した。

 「処分を厳粛に受け止めている…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら