[PR]

 今年の干支(えと)の申(さる)にちなみ、長崎県の離島、壱岐市にある「猿岩」をPRしようと、地元紙の壱岐新報などが初めてカレンダーを作った。一部300円。

 猿岩は島の北西部にある高さ45メートルの玄武岩。長い年月をかけて風雨などで削られ、猿の横顔に見えるようになった。昨年、日本の奇岩百景にも選ばれた。

 ライトアップされた写真を使っており、今後は海や夕焼けを背景にしたものも作る予定。同紙の担当者も「12年に一度の絶好のチャンス」とウッキウキ。