[PR]

 東芝が、三重県四日市市の半導体工場に新棟を建てる方針を固めた。半導体大手の米サンディスクとの共同事業で、投資額は計5千億円超になる。2017年にも稼働し、スマートフォンなどに使われるNAND型フラッシュメモリーの最新型を増産する。

 東芝は、昨年発覚した不正会計問題を受けた業績悪化で、テレビやパソコン事業を大幅に縮小するなど大規模なリストラを進めている。一方、稼ぎ頭の半導体事業には年2千億円規模の設備投資を続ける計画で、韓国サムスン電子などライバルに対抗する。

 新棟は、いまの工場の隣に建てる予定だ。地権者や地元自治体と調整に入った。記憶素子を積み重ねた立体的な構造のメモリーを生産する。電源を落としてもデータが消えないNAND型は、スマホやUSBメモリーに欠かせない。積み重ねない従来型より大容量のデータを記憶できる最新型は、高機能のスマホや企業のデータセンター向けに需要が伸びると見込んでいる。記憶容量あたりの製造コストが下がる利点もあるという。

 東芝は現在、不正会計問題の影…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら