[PR]

■伊吹文明・元衆院議長

 文化庁を京都に誘致するため、14日に京都府や京都市などから陳情団が来る。私からは地元・京都(の関係者)に「京都のために文化庁に来てくれと言うだけではだめ。日本のために京都に来てくれたらいいというのを出さないと」と話している。幸い、京都などには日本の伝統を表現する文化財があり、文化活動も日常的にある。精神文化を扱う文化庁にこういう場所で仕事をしてほしい。

 政治的には(移転について)ある程度のことをするんじゃないかな。役人は絶対に嫌だよね。石破地方創生相は宰相の印綬を帯びたいと思っているだろうから、一生懸命やるだろう。馳文部科学相も、役人の言う通りというわけにはいかない。(移設の課題は)東京に国会がある。内閣は連帯して国会に責任を負うので、(移転すれば)迅速な対応が難しい。文化庁を移すのであれば、京都駅へのアクセスがいい場所でなければならない。それを乗り越えて(移転)するかどうかは政治の判断だ。

 (政府は)3月に(移転するかどうかを)決定するんでしょ。(移転が)決まっても、3~4年はかかるでしょう。新たな庁舎を造るのに1年かかるでしょ。すべて来るのか、一部が来るのかというのもある。大臣がどう判断するか。文化庁長官が(東京か地方の)どちらに行くのかというのが最大の問題だ。(東京都内で記者団に)

こんなニュースも