[PR]

 17歳のときに手足の自由が利かなくなる難病と診断され、料理人になる夢をあきらめた北海道旭川市の若者が、電子レンジで誰もが作れる料理のレシピを次々に考案して、インターネット上で公開している。「1冊の本にしたい」。そんな願いを聞いた仲間や支援者が、夢をかなえるための募金活動に動き始めた。

 下田昇兵さん(27)は旭川市内の高校生だった16歳のとき、手足がふらつく症状に見舞われた。翌年、「脊髄(せきずい)小脳変性症」と診断されて、高校を中退した。徐々に運動機能が失われる病気で、現在は訪問介護を受けながら車いすで生活。言葉を発するのが困難で、五十音の文字盤を指して会話する。

 同じ病気の母親が台所に立てなかったため、6歳のころから料理をしていた。自分の作ったものをおいしく食べてもらうのがうれしくて、高校時代には居酒屋で調理人のバイトもし、卒業後は調理師になるのが夢だった。だが診断からまもなく、医師に「火を扱うのは危険だ」と諭され、その道をあきらめた。

 自暴自棄になり引きこもりの時期もあったが、救ってくれたのも料理だった。電子レンジや炊飯器があれば、火を使わなくても調理ができる。これらを使った和洋中さまざまなレシピを考え、4年前から料理のウェブサイト「クックパッド」に載せるようになった。