【動画】30年以上冷凍されていたクマムシが復活=国立極地研究所提供
[PR]

 国立極地研究所は14日、30年以上冷凍保存されていたクマムシを復活させ、繁殖させることに成功したと発表した。過酷な低温や乾燥に強いことで知られる微小動物だが、生存記録としては世界最長という。

 南極の昭和基地近くで1983年11月に採取され、零下20度で保存されていたコケに含まれていた。2014年5月に解凍して水を与えると、体長0・3ミリほどの2匹が動き出した。

 1匹は20日後に死んでしまったが、もう1匹は23日後から断続的に計19個の卵を産み、うち14個がかえった。子孫を観察し、南極の固有種とわかった。メスだけで繁殖する。通常の寿命は数十日間程度という。

 クマムシは、極度な乾燥や低温にさらされると代謝を止める能力がある生物の一つ。これまでは9年の乾燥後に蘇生したとの報告が最長だった。同様の能力を持つセンチュウ(線虫)では、25年半の冷凍後に蘇生し、繁殖まで成功した例があるという。同研究所の辻本惠特任研究員は「最初に足が動き始めたときは驚いた。今後、DNAの損傷や修復機能を調べて長期生存メカニズムを解明したい」と話した。(須藤大輔)

関連ニュース