[PR]

 自主トレ中の日本ハム・大谷と、50歳まで投げ続け、昨季限りで引退した元中日の野球解説者・山本昌さんが12日、千葉県鎌ケ谷市内の球団施設で対談した。テレビ番組の企画で、投球論や野球観について語り合った。

 オフの過ごし方について山本さんから問われると、「プレミア12があったので、12月だけ休めた」と大谷。山本さんは、自身が2年連続最多勝だった翌年、わずか2勝に終わった経験を振り返り、「疲れは3年目に来る。しっかり休めたかどうか心配」と気にかけた。

 長く現役を続けられた理由について、山本さんが「僕は肩のケガがなかった。ヒジも手術せずにすんだ」と話すと、大谷も「僕も肩が痛くなったことはありません」と、特技の両肩を体の前に回す柔軟さも披露。山本さんも「こんな柔らかい肩、見たことない」と太鼓判を押していた。

 (対談の様子は、2月15日、BSスカパーで午後9時から放送の予定)。

こんなニュースも