[PR]

 安倍晋三首相は14日、首相官邸で、福島県伊達市特産の干し柿「あんぽ柿」を市長らから贈られた。同席者によると、首相は「『安保』国会の去年も『あんぽ柿』で激励してもらい、乗り切れた」と発言。安全保障関連法を成立させた昨年の通常国会を、冗談を交えて振り返ったという。試食した首相は「ちょうど良い甘さだ」と感想を述べた。

 こうした首相の発言に対し、共産党の志位和夫委員長は、この日の会見で「人々の命がかかった問題を話すにしてはあまりに見識を欠く発言」と問題視。民主党の枝野幸男幹事長は「レベルが低すぎて、答えようがない」と述べた。

こんなニュースも