[PR]

 国際サッカー連盟(FIFA)は14日、スペイン1部レアル・マドリードとアトレチコ・マドリードに対し、今夏と来冬の移籍期間で国内、国外を問わず選手獲得を禁止する処分と罰金処分を科したと発表した。FIFAは18歳未満の選手の国際移籍を原則として禁止しているが、レアルは2005年から14年にかけて、アトレチコは07年から14年にかけて、このルールに違反したとしている。(ロンドン)

こんなニュースも