[PR]

 14日午後9時55分ごろ、北海道千歳市富士4丁目のJR千歳線の踏切内で、走行中の帯広発札幌行き特急「スーパーとかち10号」(5両編成)に、千歳市の男性(19)が運転する軽乗用車が接触した。

 千歳署によると、男性と同乗の女性、特急の乗客らにけがはないという。軽乗用車はブレーキをかけたが凍結した路面で止まることができず、踏切内に入った。列車の側面と接触してバンパーが壊れるなどしたという。

 JR北海道によると、この事故でこの特急が一時運転を見合わせたが、午後11時半ごろに再開した。列車5本が運休するなどの影響が出ている。