[PR]

 次世代自動車の本命とされる燃料電池車(FCV)について、ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)が心臓部にあたる電池の工場新設を検討することがわかった。遅くとも2025年までに量産体制に入る考えだ。FCVは、いまの開発・市販化期から、量産・普及期に入っていく。

 両社は、共同開発した燃料電池システムを新工場で量産し、両社のFCVに載せて生産コストを下げる。FCVそのものは両社がそれぞれ開発する方向だ。

 ホンダは、燃料電池の量産をはじめとする効率化で、25年以降にFCVを大量に販売して事業の黒字化をめざす。国は25年ごろにFCVの価格をハイブリッド車並みに引き下げたい考えで、ホンダ幹部は「GMも含めたコストダウンで台数を拡大し、達成させたい」と話す。FCVはそのころ世界で2・5兆円市場になると試算する調査会社もある。

 燃料電池は、燃料として載せる水素と空気中の酸素の化学反応で電気をつくる装置。その電気でモーターを回して走る。FCVは走行中に水しか出さず、「究極のエコカー」と呼ばれ、車が出す二酸化炭素(CO2)削減の切り札になると期待されている。

 いまは市販化が始まった段階で…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら