【動画】転落したスキーバス=井手尾雅彦撮影
[PR]

 15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町の国道18号の碓氷バイパス入山峠付近で、群馬方面から長野方面に向かっていたスキー客を乗せた大型観光バスが、対向車線にはみ出して反対車線側にあるガードレールを突き破り、約3メートル下の斜面に転落した。県警は乗員・乗客計41人のうち、男女14人の死亡を確認した。このほか、20人以上が重軽傷を負い、長野県佐久市や群馬県高崎市などの病院で手当てを受けている。

 消防庁災害対策室は同日午前8時現在、14人が死亡、27人が負傷と発表した。

 バスは対向車線のガードレールを突き破り、フロントガラスが大破した状態で斜面に横転している。現場付近に積雪はなく、警察官が現場の写真を撮るなどして、事故の状況を調べている。

 現場は、上信越道の碓氷軽井沢インターチェンジ(IC)から北西に約3キロ離れた長野県と群馬県境付近。碓氷バイパス下り線は片側1車線。緩いカーブで下り坂になっている。道路の凍結はなかったという。

 県警によると、バスの運転手は2人で交代体制をとっていたという。

 スキーツアーを企画していたのは東京都渋谷区の旅行会社「キースツアー」。同社ホームページによると、「スキー・スノーボード激安&格安ツアー」をうたっている。同社の担当者は朝日新聞の取材に「今はお客様の対応を最優先している」と答えた。