[PR]

 「助けてくれ」。車線を外れて対向車線側の斜面に転落したスキーバスの車内に、うめき声が響いた。15日未明、長野県軽井沢町で発生し、14人が亡くなった転落事故。冬のレジャーに向かっていたバスに何が起きたのか。

 事故が起きたのは、東京・原宿をスキーバスが出発して3時間ほどが過ぎた午前2時前だった。乗客たちは寝入っていた。

 「ぶつかったあ」。最後尾の席に座っていた都内の大学2年生の男性(20)は、「ガン」という大きな音と衝撃で目を覚まし、直後に叫び声を聞いた。

 車内は真っ暗。近くの人に自分の体が重なっていたという。何とか抜け出そうともがいて、バスの外に出ると、バスの車体が折れ曲がっているのが見えた。「早く助けて」。車内には何人もの乗客が残されたままで、苦しげなうめき声も聞こえた。

 男性は友人ら5人で斑尾高原スキー場に向かう予定だった。無事だった仲間のスマートフォンで、助けを求める電話をかけた。腰を打つけがを負い、佐久市立国保浅間総合病院(長野県佐久市)に搬送された男性は、「夢にも、こんなことが起きるとは思っていなかった。5人のうち、2人は担架で運ばれていった。もう1人とは連絡がついていない。心配しています」と漏らす。

 前から7列目の通路側の席に座…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら