[PR]

(15日、大相撲初場所6日目)

 ○稀勢の里 相手十分の右四つから両差しにされて寄られたが、土俵際で逆転。「極力、がまんした」とうなずいた。

 ●勢 「勝たなきゃという気持ちが強くなって体が硬くなった」。横綱戦白星の翌日でも、なかなかうまくいかない。

 ○宝富士 前日は3分半の大相撲。「白星だったので疲れは残らなかったです」。この日は大きな魁聖をしっかり寄り切った。

こんなニュースも