[PR]

 九州電力は15日、4月以降の家庭向け新料金プランを発表した。家庭向けを含む電力小売りの全面自由化が4月にスタートするのに合わせたもので、電力使用量が多い家庭は現在より料金を1~2%安くして、顧客をつなぎとめる考えだ。

 新プランは3種類。「スマートファミリープラン」は使用量が多いほど割安になる。月500キロワット時では年1944円(1・2%)安い。2年契約の場合はさらに年540円割り引く。ただ、標準的な家庭の使用量は月300キロワット時。新プランで割安になるのは、月350キロワット時以上使う家庭という。

こんなニュースも