[PR]

 東京・新橋駅前で違法な客引き行為をしたとして、警視庁は、東京都港区新橋4丁目のキャバクラ店「Second Class」の店長、野田拓也容疑者(25)=新宿区新宿2丁目=と従業員3人を風営法違反(客引きの禁止)容疑で逮捕し、15日発表した。昨年7月以降、この店のぼったくり被害相談が警視庁に相次いでいた。

 保安課によると、野田容疑者らの逮捕容疑は、昨年12月4日午後10時40分ごろ、新橋駅前で約50メートルにわたって男性2人に付きまとい、「キャバクラどうですか」などと客引きしたというもの。野田容疑者を含む3人は以前、新宿・歌舞伎町でキャバクラの店員や客引きをしており、うち1人が「歌舞伎町の取り締まりが厳しくなり、新橋に来た」と話しているという。

 「Second Class」をめぐっては、昨年7月~12月末、「ぼったくられた」など、高額請求の被害相談が90件ほど警視庁に寄せられた。平均で15万円ほどの会計を請求され、42万円を請求されたケースもあったという。