[PR]

 インフルエンザが例年より遅れて全国的な流行期に入った。国立感染症研究所(感染研)が15日に発表、流行のピークもやや遅れて2月中になる見込みという。ただ、「流行の規模が小さくなるとは限らない」とし、手洗いやマスクの着用などによる予防を呼びかけている。

 感染研によると、全国約5千カ所の定点医療機関から直近の1週間(4~10日)に報告されたインフルエンザの患者数は1カ所あたり2・02人。流行開始の目安となる「1人」を超えた。12月中に流行期に入らなかったのは2006~07年シーズン以来。

 都道府県別で1カ所あたりの患者数の報告が多いのは沖縄県8・19人、秋田県7・85人、新潟県5・73人、北海道4・84人、千葉県2・49人など。この1週間に全国の医療機関を受診した患者は約13万人と推計されるという。

 直近5週間に検出されたインフルエンザウイルスはA香港型(H3N2)と、09~10年に新型として流行したH1N1型がほぼ同程度で、次いでB型の順という。