[PR]

 人生をしめくくる「終活」に際し、長年書きためた日記をどうするか――。昨年12月、91歳女性が「ひととき」でそう問いかけたところ、たくさんの方からお便りをいただきました。残すのか、捨てるのか、共に考えます。

 問いかけたのは東京都世田谷区の林咲江さん。91歳という年齢から、新たに買う日記帳を3年用にするか5年用にするか迷っていた。これまで書きためてきた10冊余りの日記帳を処分するかも悩んでいた。この投稿に対し、100通以上の便りがきた。

 「実は私も日記の処分に悩んでいます」と言うのは福岡県小竹町の主婦大田千草さん(64)。1年に1冊、40年間書きためた日記帳が本棚を埋めている。「40冊ともなると燃やすのも大変。私も処分の方法をおうかがいしたい」

 埼玉県所沢市の無職豊田辰夫さん(69)は「家族の大切な歴史が詰まっている日記は『私の足跡文庫』として残していきたい」と言う。ふだんから自由に読んでくれと家族に言っている。約20年前に父親が亡くなったとき、父親が考えていたことをもっと聞いておけばよかったと後悔したからだ。

 処分したいという意見もある。長崎市の非常勤国家公務員田添京子さん(65)は、66歳で亡くなった母の年齢に近づき、終活を意識するようになった。心の赴くままに書いた日記は、読み返すと気恥ずかしい部分がある。「日記の中の若さに満ちた言葉は、子どもたちに見せたくない」

 茨城県つくばみらい市の主婦荒井久仁子さん(55)は、姑(しゅうとめ)のさらに姑の日記に、姑の悪口がぎっしり書かれているのを見つけてあぜんとした。「秘めた思いがつづられた日記は、日頃からある程度の区切りをつけて処分しておくべきだと思います」

■「年記」の提案も

 神奈川県平塚市の地区公民館長坂口哲雄さん(75)は、「年記」への書き換えを提案する。