[PR]

 全日本空輸の減便の方針が15日、明らかとなった。便数を維持しようと、官民で対策に取り組んできた地元は困惑している。

 「重要なことなのに何の連絡もなかった」

 富山県の石井隆一知事は15日の記者会見で、全日空の篠辺修社長に電話で事実関係を確認したと明らかにした。新ダイヤは20日ごろに正式発表するとして「まだ決まっていない」との回答だったという。石井知事は「仮に減便でも、できるだけ維持できるようビジョンを持って発表してもらいたい」と訴えた。