【動画】大型バスが転落した現場近くの道路には、タイヤの痕がくっきりと残っている=杉本康弘撮影
[PR]

 15日午前2時前。峠道を下るスキーバスの車内は照明が落とされ、乗客39人の多くが寝息をたてていた。

 《前から6列目、左窓際の座席》。

 友人4人でツアーに参加した東京都内の大学1年の男性(19)は「体を揺さぶられるような遠心力」を感じて目を覚ました。「車がすごいスピードで右へ左へ少なくとも3回揺れた。尋常じゃない揺れでおかしいなと」

 その直後、バスは路外に転落。頭を打って気を失った。シートベルトをしていなかった。気付くと右に横倒しになった車内で座席に寄りかかっている状態だった。割れていた近くの窓から脱出した。「ウーウー」。周りからうめき声が聞こえた。気が動転して、そのほかの状況は覚えていない。「現実を受け止め切れていない」と言った。

 14日午後11時に東京・原宿を出発したスキーバスは、深夜0時すぎにサービスエリアで休憩をとり、その後、一般道に降りた。休憩の前後で同じ運転手が座ったのを見て、《前から4列目、通路左側の座席》の男子大学生(23)は「交代しないのかな」と感じたという。

 《最後列、右から2番目の座席》に、仲間4人と横一列に座っていた別の男子大学生(20)は友人と「運転荒いんじゃね」と話していた。事故のかなり前から車が左右に揺れることがあったからだ。

 「ガン」。大きな音がした。気づくと横転したバスの中で他の乗客と重なり、足が絡まっていた。「足をどけて」と言われた。もがいているうちに、外に抜け出せた。車外にはガラスの破片が散乱していた。軽い打撲だった。現場で確認できた友人2人は「立ち上がれない」と話し、担架で運ばれていったという。

 現場は、群馬と長野の県境にある入山峠から長野側に約1キロ下った左カーブだった。

 国道18号(碓氷バイパス)を管理する国土交通省高崎河川国道事務所によると、現場付近には目立ったカーブが45カ所あり、事故地点は群馬県側から数えて43番目。カーブの角度は最も緩い部類だった。担当者は「軽くハンドルを切るだけで曲がれる。区間の中で事故が多いということはないが、長野側では最も下り勾配がきつくスピードは出やすい」と説明する。