[PR]

 成人の日の式典で騒ぎ、式を一時中断させたとして、茨城県警は15日、とび職の男(20)と19歳の少年3人=いずれも水戸市=を威力業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。いずれも容疑を認めているという。

 水戸署によると、4人は10日午前11時半ごろ、水戸市五軒町1丁目の水戸芸術館広場であった成人の日の式典で、新成人代表が誓いの言葉を述べていた際、壇上にあがり、持参した拡声機を使って「おまえら、けんか上等だ」などと騒いで式典を一時中断させ、主催する水戸市などの業務を妨害した疑いがある。

 とび職の男は新成人で式典の出席者、少年3人は男の中学校の後輩。騒ぎを起こしたのは10人程度で、署は容疑が固まったため4人を逮捕したという。