[PR]

(15日、大相撲初場所6日目)

 琴奨菊はいつにもまして立ち合いに気持ちを込めた。「先場所は5連勝で止まったから。今場所一番の立ち合いをしようと思った」。目の前の松鳳山は2013年の九州場所で右胸に大けがを負ったときの相手だ。その古傷の影響をみじんも感じさせない、言葉通りの強烈な踏み込みで圧倒した。「これからも自分を信じてやる」と、どっしりと構えている。

こんなニュースも