[PR]

■伊達忠一・自民党参院幹事長

 今年は選挙の年。(4月の)衆院北海道5区補選は我々が経験したことがない、おそらく「野党連合」という形の(対立)候補になると思います。これが間違って勝利をすると、よその県にどんどん、どんどん伝染することになってしまう。下手すると、(夏の参院選で)かつて我々が苦しんだ「(衆参)ねじれ」のようなことになってしまったら、せっかく今まで一生懸命やってきたことが何にもならなくなるので、これにまず勝利をさせて頂きたい。公明党、新党大地からも推薦をいただき、しっかり戦っていきたい。(札幌市内の公明党同本部主催の会合で)

こんなニュースも